ぱと写真部

ぱとのカメラ成長日記です

2016年03月

この公園も何度かきましたが、好きな所です。
あまり大きくはないけれど、落ち着きます。

16328-p09

16328-p10

16328-p11

なにを撮りたかったのか、お師匠にそう聞かれます。
思ってることが表現できないもどかしさは感じています。
そのうち上手になります。

16328-p12

16328-p13

これで万葉公園は終わりだから、どこへゆこう?
 お城へいってこようかな。
 

万葉の森公園の下に不動寺という古いお寺さんがあります。
お師匠の説明だと奈良時代に開かれたそうです。
疫病が流行ったのでお不動様を建立したと書いてありました。

 16330-p3

16330-p4

お抹茶がいただけるというので書院へいってみました。
玄関はあいているのに、人の気配がありませんでした。
お師匠が「いつもいないよ」といいます。
入り口に「吾唯足知」の蹲踞(つくばい)がありました。

16330-p2

16330-p1

16328-p10

お不動様にいつもお詣りしてきます。
静かで心が落ち着く所ですね。
 

「ぜーんぶ、ボツ?」とお師匠に聞きました。
お師匠は苦しそうな顔して「ふにゃ」といいました。
ヘタな鉄砲は数撃てといいますので、95枚撮りました。
10枚くらいはなんとかしたいです。

16328-p08

16328-p15

 ここまではいいですね。
ここからとなると、なにを撮りたかったんだと聞かれます。
今度は、わたしが「ふにゃ」という番です。

16328-p13
 
16328-p07

16328-p17

写真って愉しいですね。
でも難しいですね。
へこたれませんよ。お師匠をびっくりさせるよう頑張ります。 

桜の花を見に万葉公園へ行きました。
その下に不動寺という古刹があって、
お不動さんにいつもお詣りします。
境内にひとなつっこい猫ちゃんがいました。

16328-p01
 
16328-p02

16328-p03

 境内は4月8日の花祭りに備えて、お飾りがしてあります。
 猫ちゃんが緋毛氈の真ん中に座って澄ましています。
 深山躑躅が咲いていて、背景の桜は蕾でした。

16328-p04
 
最後に、深山躑躅を撮っているお師匠です。
今日は300mm望遠を初めて使いました。
ピントがあいません。難しいです。 
 

同じ時間に窓際へいってみました。
お師匠さんの言葉の「同じ空は2度とない」の意味が、
よくわかりました。

16325-p1

16325-p2

昨日は空の下の方に雲があって、太陽が雲を染めただけでした。
私の力不足を感じました。がんばらねば。

16325-p3
 
16325-p4
 
カメラを通じて、物事をよく見るということを、
学んでいるような気がします。
ヘタな写真を見てくださって、ありがとうございます。
 

このページのトップヘ